美髪の鉄則!!いま行うべきは、夏のダメージをゼロにすること! | 薄毛や増毛・ハゲに関する悩みなら「髪のなやみ.jp」

髪の悩みくらべる君

美髪の鉄則!!いま行うべきは、夏のダメージをゼロにすること!

2015年08月13日 公開

暑さ厳しい夏が過ぎ、ほっとひと息ついた頃に気になりだすのが「抜け毛」。秋は抜け毛の悩みが多い季節です。その原因は、夏に受けたダメージ。お肌の紫外線対策を完璧にしても、髪には気を使わない人がほとんどです。

実は、髪は肌の3倍も紫外線のダメージを受けやすいといわれているんです。
秋になって抜け毛で悩まないためにも、いまのうちから正しいヘアケアをしましょう。

今年の夏、髪のケアをしましたか?

次の項目に当てはまる人は、自分が思っている以上に髪や頭皮にダメージを受けているかもしれません。

  • □外出時、日傘や帽子は使わない
  • □海やプールに行った
  • □カラーリングをした
  • □夏バテで食欲がなくなった
  • □夏はドライヤーを使わず、自然乾燥
  • □髪が濡れたまま外出する
  • □特別なヘアケアはしていない

 
当てはまる数が多い人ほど、髪のダメージは深刻かもしれません。

紫外線が髪をダメにする理由

「絶対焼かない!」これは肌の紫外線対策でよく耳にするフレーズ。これと同じことが髪にもいえるのです。

私たちの体で、最も太陽に近い位置にあるのが頭。そのため、髪は強烈な紫外線をダイレクトに受けています。もともと髪は、紫外線を吸収しやすいという特徴がありますが、肌のように赤くなったり、ヒリヒリしたりすることがないので、日焼けをしたことに気づかないのです。

日焼けした髪は、髪にツヤやうるおいを与えるキューティクル(髪の外側を覆う薄い膜)が壊れ、内部の水分が失われてしまいます
髪はぱさぱさになり、もっとダメージが進むと、枝毛や切れ毛になります

さらに、髪だけではなく頭皮にもダメージが!「最近、頭がカユイ…」「フケが気になる…」という症状があれば、それは日焼けによるものかもしれません

いますぐ紫外線をブロック!

秋の抜け毛・薄毛を防ぐため、いますぐするべきこと。それはまず、これ以上紫外線を浴びないこと。外出するときは、日傘を差したり、帽子をかぶったりして、紫外線から髪をガードしましょう

特にカラーリングをしている髪は、紫外線への抵抗力が落ちているため、退色しやすい状態にあります。日傘や帽子を使えないシーンのときは、髪用の日焼け止めを使うといいでしょう。

まだまだ暑い日が続きそうです。帽子をかぶるときは、通気性の良い素材を選び、頭がむれないように気をつけてください。
朝シャン派の人は、遅刻しそうだからといって髪が濡れたまま出かけるのはNG!濡れた髪は、さらに紫外線の影響を受けやすくなります。暑くても、シャンプーをしたらすぐにドライヤーで乾かしましょう。濡れたまま放置しておくと、頭髪がにおってくる危険性もありますよ

バランスの良い食事が美髪を作る

夏バテ気味の人は、髪も疲れている可能性大!栄養が足りなくなり、血流が悪くなるため、抜け毛や薄毛につながるリスクがあります。

美髪のためには、内側からのケアも大切。ストレスや睡眠不足は、体にとって良くないように髪にとっても良くありません。もちろん栄養バランスにも気をつけたいもの。髪と肌は同じたんぱく質からできているので、基本的に肌に良い食べ物は髪にも良いといえます。

青魚や赤身の肉、納豆、大豆など良質なたんぱく質を意識して摂ることが大切。もちろん野菜もしっかり食べて、ビタミン類やミネラルもバランスよく摂りたいですね。

この時期、イチオシの野菜はトマトとパプリカ。抗酸化作用が高く、ビタミンCも豊富なので、美容のために理想的な食べ物といえます。

マッサージで汚れすっきり&血行促進

健康な髪は、健康な頭皮から作られます。紫外線の影響で弱っている頭皮に元気を与えるために、マッサージで血行促進しましょう。

シャンプー前のマッサージなら、オイルがおすすめ。頭皮用のオイルが市販されていますが、椿オイルやオリーブオイル(エクストラ・バージン)でもOKです。乾いた髪をオイルで5分ほどマッサージし、ヘアキャップをかぶって10~20分置いてから、シャンプーで洗い流します。頭皮がやわらかくなって血行が良くなるほか、皮脂汚れも落ちてすっきり清潔になります。

シャンプー後のマッサージなら、育毛剤を使いましょう。育毛剤は、男性用・女性用で効果がちがうので、女性用を選ぶのが必須。また効果・効能、使用感にも差があるので、自分に合ったものを選びましょう。ちなみに女性の場合、40代になったら育毛剤を使うのが常識とされています。

オイルマッサージは週に1度、育毛剤マッサージは毎日の習慣にするのがおすすめです。

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly