薄毛が進行してしまった場合の対策【1000人調査】 | 薄毛や増毛・ハゲに関する悩みなら「髪のなやみ.jp」

髪の悩みくらべる君

薄毛が進行してしまった場合の対策【1000人調査】

2015年04月16日 公開

前回「薄毛予防の対策」についてのアンケート記事を掲載しましたが、皆さんご覧いただけましたでしょうか?ぜひ今後の予防対策に役立てていただければと思います。

そんな薄毛予防の対策についての記事を書いた後にこんな記事を書くのは心苦しいのですが、今回は「薄毛が進行してしまった場合の対策」についてのアンケート結果をご紹介したいと思います。
尚、今回のアンケートには、既に行っている対策方法も含まれています。
アンケート対象は20〜40代の男性1000人。結果は以下の通りです。

usugeyobou(クリックすると拡大)

1番目:「何もしない」45.9%
人生において、ある程度の事は諦めが肝心だと僕も思います。しかし髪の毛は人の印象を大きく左右する大切な部分です。
ある意味清々しい答えではありますが、ご自身のイメージアップのためにも何かしらの対策をとってみることを検討してみてはいかがでしょうか?
2番目:「市販の育毛剤で対処する」26.9%
IMG_1103
育毛剤は髪の毛を生やす為というよりは、成長を促進する為のものと考えた方がよいでしょう。
もちろん全く効き目がない訳ではないと思いますが、育毛剤や増毛剤は薄毛が進行する前からの予防として使用するのがベストです。
育毛剤はドラ○エでいうところのホ○ミです。死んだ仲間にホ○ミは効きません。
3番目:「AGA専門医にかかる」8.0%
IMG_1103
最近話題のAGA。AGAとは「男性型脱毛症」の事で、これは病院で治療することが出来ます。
AGAの治療は自由診療の扱いとなり、保険が適用されませんので基本的に治療にかかる金額は事故負担です。
しかし、塗り薬と飲み薬で抜け毛の進行を抑えることができるAGA治療は自毛増毛などの手術が嫌だという方にはオススメの方法といえます。
4番目:「スキンヘッドにする」7.4%
こればっかりは僕の口からは何も言えません・・笑
いろんな考え方があるとは思いますが、とても潔いと思います。
5番目:「発毛・育毛サロンへ通う」4.4%
サロンについてはあまり詳しくないのですが、AGA専門医にかかるのと同様、プロにケアをしてもらえるというのはとても心強いと思います。
金額的な負担はサロン毎に違うと思いますが、決して気軽に通える額ではないでしょう。
6番目:「鍼治療やヘッドスパにかかる」1.3%
鍼治療とヘッドスパに共通することは、頭皮の状態を整え、髪の毛の発育を促すという事です。
鍼やマッサージで血流を充分にすることで頭皮に充分な栄養を運び、髪の毛の発育を促すことが目的なのだと思います。
薄毛が進行してからも効果は得られるかもしれませんが、すぐに効果が得られるわけではない方法だと思いますので、あくまでも予防や将来を見据えた対策として行うのが良いのではないでしょうか。
7番目:「ヘアコンタクトやかつらを被る」0.8%
IMG_1103
最近のかつらやヘアコンタクトは一見しただけではそれとわかりにくいものが増えてきましたよね。
おしゃれな髪型のものもありますし、すぐに見た目に変化がでるかつらは魅力的だと思いますが、根本的な解決にはなりません。
まだそれ以外の対策を講じていない方は、いろんな方法を試してみてはいかがでしょうか?

 

以上が今回のアンケート結果ですがいかがでしたか?
様々な方法で対策を行っている方・行う予定の方がいらっしゃいましたが、薄毛がまだ進行していない方は、今回のアンケート内容を参考にする日が来ない事を祈っています。

 

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly