「濃いムダ毛イヤ!ツルツルもイヤ!」のあなたへおくるムダ毛カット法 | 薄毛や増毛・ハゲに関する悩みなら「髪のなやみ.jp」

髪の悩みくらべる君

「濃いムダ毛イヤ!ツルツルもイヤ!」のあなたへおくるムダ毛カット法

2015年09月10日 公開

僕、実は沖縄県出身なんですけど、沖縄の男性って毛深い人と優しい人が多いんですよ。

以前、めちゃくちゃ毛深い友人に彼女が出来た時、その彼女に友人のどこが好きなの?って聞いてみたら「この前、彼の腕毛にハエが絡まったんだけど、殺さずに逃してあげてて、なんて優しい人なんだろうって感激した。」と言っていました。毛深い上に優しいなんて、これぞ沖縄男児のあるべき姿ですよ。

ちなみに、僕の体毛も東京の方々よりは幾分か濃いめです。全身のムダ毛を繋げたら新宿から四ツ谷くらいまでは伸びるんじゃないかと思います。

そんなこんなで体毛の濃い僕なんですけど、この濃い体毛が自分的に好きかと言われたら別に好きじゃないし、夏には蒸れるし、汗で肌にくっついたときのビジュアルはきもいしで、何もいいことがないんですよ。
かと言って剃毛には抵抗があるなあ・・と。

って事で調べてみたら、同じ様にムダ毛の濃さは気になるけど、つるつるにはしたくないって方も多くいる様です。

そんな時は、思い切ってムダ毛を短くカットしてみましょう。

とは言っても、カットする方法も様々。
今回はそのカット方法をいくつかご紹介します

すきカミソリ

すきカミソリは大手100円ショップでも簡単に入手可能な便利グッズです。(取り扱いのない店舗もあるそうです)

使い方はカミソリと同じく肌に当ててすべらせるだけ。ただ、毛の長さなどの調節ができないものもあるので注意が必要です。

ちなみに、こちらの正式名称は「ヘアカッター」だそうです。お店でどうしても見つけられなかったときはこの名称を店員さんに伝えて探してもらいましょう。

すきバサミ

これは殆どの人が使ったことがあるのではないでしょうか。片側の刃がギザギザになっているハサミのことですね。

すきカミソリの様に肌に添ってすべらせるだけとはいきませんが、いろんな箇所に使えるので一本あるだけでたいていのムダ毛を少なく処理できそうです。

ちなみに、すきバサミも100円ショップで販売されています。

バリカン

バリカンと言えば頭を丸めるときに使うイメージが強いと思いますが、この文明の利器を使えばムダ毛を整えることだって短時間で簡単にできます。

大体のバリカンには数種類のアタッチメントが付属しており、長さやすき具合も調整できます。また、幅が広めに設計されているものが多いので、脚や腕、へそ周りなどの広範囲を処理したいときに役立つと思います。

使いかたに関しては大体同じだと思いますが、角メーカーの取扱説明書を参照の上使用して下さい。

ヒートカッター

大抵のものはバリカンと同じような形ですが、ヒートカッターは毛を「切る」のではなく「焼く」ことで切断します。

あまり馴染みがないかもしれませんが、毛を焼き切ることで毛先が丸くなり、短くしてもチクチクしにくいなどの利点があるそうです。

ただし、毛を焼く際の臭いややけどへの配慮など、気をつける事は多そうですね。

他にも身体用のシェーバーなどもいろんなメーカーから販売されているようです。

今回は体毛を減らす方法のみの紹介でしたが、完全になくしたいのか、量を減らしたいのかを考えて自分にあった方法で処理できるといいですね。

僕は量と長さを調整することで新宿から四ツ谷まで伸びていた毛を代々木くらいまでは短くできそうです。

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly