白髪対策で薄毛を予防できる?!薄毛と白髪の関係とは? | 薄毛や増毛・ハゲに関する悩みなら「髪のなやみ.jp」

髪の悩みくらべる君

白髪対策で薄毛を予防できる?!薄毛と白髪の関係とは?

2015年09月24日 公開

白髪と薄毛の関係

「白髪は抜くと増える」っていう話を聞いたことありませんか?

実はその知識、間違っているそうです。実際に白髪というのは髪の毛の色素を作る部分に影響されて発生するので、どれだけ抜いたところで白髪が増えるなんてことはないのだそう。

それなら抜いちゃってもいいのでは?って思うのですが、これまた抜くのは危険
なぜなら、それが薄毛の原因に繋がってしまう可能性があるからです。
そうです、白髪を抜くと白髪増えるというのは間違い!それどころか黒い髪が減ってしまうのです。

それではなぜ、白髪を抜くことが薄毛の要因になるのでしょうか。

白髪を抜いてはいけない理由

通常、髪の毛はひとつの毛穴から平均して2~4本生えています。その中の一本が白髪であった場合、一本を抜くのに同じ毛穴から生えている他の髪の毛の毛根まで痛めてしまう可能性があるのです。

白髪の数が少なければ抜いてしまって良いかとも思いますが、数が多くなると一本抜くごとに同じ毛穴に生えている1~3本にも影響する可能性があることになります。

ということは、10本抜けば20~30本、100本抜けば200~300本の髪の毛を道連れにしてしまうかも知れないのです。
そのくらいなら、とも思われる方もいるかもしれませんが、薄毛は髪の毛の密集率が低くなることから始まります。

ちりも積もれば…とも言いますし、とりあえず白髪を抜くのは控えたいところですね。

では、白髪が目立つ場合、どうすれば良いのでしょうか。
以下に3つの対策をご紹介します。

抜かない白髪対策

1:諦める
しょっぱなから対策とは外れてしまいましたが、加齢による白髪の増加であれば、諦めてしまうのも1つの手です。

若々しくあることに執着していないのであれば、一層のこと白髪を味方につけて渋い方向に転換してみるのもいいかもしれませんよ。白髪であることを考えすぎてストレスを溜める方がずっと不健全だと思います。

2:白髪染めを使用する
白髪の量が多い方にオススメなのは俄然「白髪染め」です。

理容室・美容室で行う白髪染め以外でも、今では市販のものもいろんな種類が販売されています。自分でやらなきゃいけない手間はかかりますが、その分のお値段は段違いで安いです。

効果はやはり理・美容室でするのが一番だとは思いますが、定期的にやるなら市販のものも試してみたいですね。

3:白髪だけを切ってしまう
これは白髪がまだ少ない人にオススメできる方法です。

方法は至って簡単です。鏡の前にピンセットとハサミを用意します。
白髪だけをピンセットでつまみ、その根本(もしくは目立たなくなる長さの位置)をハサミで切るだけ。

あまり量が多いとうんざりする作業ですが、たまにちょろっと出ている程度ならこれで事足りると思います。

あとは、髪の毛を切りに行った際に担当美容師さんに目立つものだけ切ってもらうのも手だと思います。
頑張って手を伸ばしても、後頭部分の髪を自分で切るのは難しいですもんね。

以上が白髪が生えてきた際の対処でした。
「対処法なの・・?」と思ってしまうものもあったかもしれませんが、そこは一つの方法ということで・・。

今回、白髪という一見無関係なことが、実は薄毛に繋がっているというのは意外ではありませんでしたか?

白髪を今まで抜いてしまっていた方、今後は白髪を抜く前に、一度この話を思い出してみてくださいね!

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly