そのシャンプーの方法は間違っている!? | 薄毛や増毛・ハゲに関する悩みなら「髪のなやみ.jp」

髪の悩みくらべる君

そのシャンプーの方法は間違っている!?

2014年06月20日 公開

髪と抜毛の基礎知識Vol.1

抜け毛の原因のひとつに“頭皮の汚れ”があります。頭皮が汚れていると、頭部に住みついている菌が繁殖し毛穴から入り毛母細胞の成長を阻害します。又、たまった皮脂が毛穴をふさぎ毛根の成長をさまたげてしまうこともあります。

頭皮を清潔に保つ正しいシャンプー方法を身に付けて、抜け毛の要因を撃退していきましょう。

正しいシャンプーの選び方

お肌と同じように頭皮も個人によってオイリー肌・乾燥肌などコンディションが異なります。自分の頭皮のコンディションを知らずに市販のシャンプーを使い続けていると、どんなに正しいシャンプー方法を続けてもかえって頭皮に負担をかけ、結果として毛髪の健康を妨げることにもなりかねません。一度専門家にヘアチェックをしてもらい自分の頭皮の状態を知ることが正しいシャンプー選びの第一歩となるのです。

今すぐにヘアチェックをうけられないという人は、自分のフケをチェックしてみてください。指や衣類からパラパラと落ちるような乾いたフケの人は乾燥肌、逆にねっとりと湿った感じのフケがでる人はオイリー肌です。季節や生活環境によっても異なりますので「オヤ?」と思ったらチェックをしてみるといいかもしれません。

正しいシャンプーの方法

「朝シャンは厳禁」

まずシャンプーをするタイミングですが、髪は22時~2時の時間が最も成長する時間であると言われています。つまりその日一日の汚れを寝る前にきちんと落としてあげて、髪の成長をさまたげないことが大切というわけです。又、起きたての頭皮は毛穴が開いているため、シャンプーで刺激を与えると毛穴に負担がかかったり、朝シャンをしてすぐに出かけると、髪の毛を守る庇護膜がつくられるまえに紫外線を浴びることになり髪が痛みやすいなど、意外にも朝シャンは髪に負担をかけていたのです。

「洗いすぎは禁物」

シャンプーは多くすればいいというものではありません。特に乾燥肌の人は洗いすぎると必要な油分まで落としてしまします。下記の項目を守って回数よりも質を大切にしてあげてください。
(1) よくとかしてから、よくすすぐ(予洗い)
(2) 手で泡だててから髪につける
(3) 指のはらで地肌をゆっくりしっかりマッサージ
(4) すすぎはしっかり念入りに
(5) リンスは頭皮につけず髪のみに(商品によって異なりますので、よく説明書を読みましょう)

正しいシャンプー後のケア

髪を洗ったらまずタオルでしっかりと拭きましょう。ドライヤーの高温は髪の水分を奪い、長時間の使用は髪を傷めます。ドライヤーの使用時間を極力短くするためにもタオルドライの手を抜かないように心がけましょう。もちろん、髪が濡れたまま寝るのは髪が痛むだけでなく、枕に細菌が繁殖してしまうので衛生的にもNGです。

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly